’14年6月9日の京都の情報

苔寺  ~西芳寺~ : THE PHOTO DIARY By CANON!
「そうだ 京都、行こう」のイベントで苔寺(西芳寺)に行ってきました。
ここの拝観は申込制でお値段も少々お高いのでなかなか行く機会がありませんでしたが、今回なんとか行くことが出来ました。
# 西芳寺(苔寺)
 
智積院 : 京都写真(Kyoto Photo)
東山七条・智積院へ
受付を済ませて、庭園へと向かいます。満開となったサツキが非常に綺麗でした。
# 智積院
 
京・花壺螺暮 平安神宮の花菖蒲
平安神宮の西神苑にある白虎池には200種2000株の花菖蒲が植わっている。見頃を迎えたと同時に、この日は無料公開も重なり多くの人が来られていた。
# 平安神宮
 
京都・洛北 さつき2014 ~詩仙堂 6.7~: ねこづらどき
平成26年6月7日の詩仙堂です。この日は庭園のさつきが見頃を迎えていました。座敷から見た景色はこんな具合です。少しまばらな感じですよね。見慣れない人は少し物足りなく思われるかも知れませんが、詩仙堂のさつきは株によって咲く時期が異なるため、毎年こういう咲き方をします。
# 詩仙堂
 
嵐山若鮎祭 | ClubFame
保津川の鮎の解禁にちなみ、新緑の中で若鮎炭焼の試食会を開催されます。(若鮎祭/毎年6月第2木曜日)
お一人につき鮎の炭焼き一串とノンアルコールビールを一本がいただけます。
# 嵐山 保津川 イベント
 
紫陽花&八十八ヶ所巡り / 京都・勧修寺 | 京都花日記
勧修寺の境内にある空海像の周りには、四国八十八ヶ所の霊石が並べてあり、これを踏んで回ることで霊場巡りが体験できます。私も踏んで一周してみました(^^) 境内の紫陽花や花菖蒲も見頃となっていて、とても綺麗でした。
# 勧修寺
 
FXで儲けて京都旅行を ◎2014年高瀬川の紫陽花七条~五条間◎
6月8日日曜日。昼過ぎまで梅雨明けのようなからりと晴れ渡ってた天気も、高瀬川へ来た頃から雲が目立つようになる。
# 高瀬川
 
妙心寺塔頭のさつき – Photo工房 「ゆうすげ」
今年も妙心寺さんの、塔頭のさつきの光景を撮影させていただいた。みな非公開の寺院なので、その門前からの撮影であったが、その美しさの一端に触れてもらえれば幸いである。
# 妙心寺
 
烏丸かわら版:没後90年 近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展
本年は、明治から大正期の日本洋画界に大きな影響を与えた黒田清輝(1866~1924)の没後90年にあたります。フランスで絵画を学んだ黒田は、帰国後、京都を訪れて着想を得た《昔語り》の関連作品群、芦ノ湖のほとりで涼む女性を描いた《湖畔》(重要文化財)や
# イベント その他
 
下鴨神社の公式HPにも登場しない「梅の奉納祭」を見に行ったのですが…。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡
毎年6月6日には、和歌山県田辺市&みなべ町の梅生産者の方々が中心になって、下鴨神社・上賀茂神社で平安装束の「献上紀州梅道中」という行列を披露した後、「梅の奉納祭」を実施しています。行者橋はまず、下鴨神社にチャリチャリ。
# 下鴨神社 行事
 
紫陽花・瑞泉寺: あちこち京都
では、木屋町三条にある瑞泉寺から。
ビルに挟まれた街中の小さな境内ですが、よくお手入れされたお庭に
四季折々の花が季節を感じさせてくれます。
# 瑞泉寺
 
京都の七夕を楽しもう -京都の七夕行事2014まとめ | 京都いいとこブログ
2014年7月の「七夕」ももうまもなく。
各地で七夕行事・七夕イベントが行われます。
そんなわけで2014年7月の七夕行事をまとめました。
# 行事
 
新緑巡り 安楽寺・其の一 : デジタルな鍛冶屋の写真歩記
今回は鹿ヶ谷にあります安楽寺へ初めて行って来ました。こちらは秋のみ公開されてるものやと思い込んでいましたら、知り合いのブロガーさんが少し前に行かれてるの見て、この時期も週末限定で公開されてるのを知って、ニャンコ撮りのついでに行って来ました。
# 安楽寺
 
伏見 柳の濠川と紫陽花: 京都を歩くアルバム
梅雨入りしてから、降りそうで晴れ間が続いています。
6月4日の伏見濠川、額紫陽花は咲き始めていましたが、見頃まではもう少し先。
# その他
 
京都を彷徨う黒い弾丸 慈雲院 サツキ
妙心寺塔頭の慈雲院。妙心寺の南総門から入って左に曲がった処にあります。
# 妙心寺