’14年6月11日の京都の情報

京都を彷徨う黒い弾丸 6月10日(火) 田植祭2014  伏見稲荷大社
五穀豊穣を祈願する『田植祭』は4月12日の「水口播種祭(みなくちはしゅさい)」で撒かれた種から出来た早苗を100坪の神田に植えます。収穫される米の量は約150kg(2俵半)にもなるそうです。
# 伏見稲荷大社 祭
 
FXで儲けて京都旅行を ◎2014年伏見稲荷お田植祭6/10日◎
6月10日火曜日。昨日は曇り~雨予報が終始カラカラ青空、今日は曇り~晴れ予報が曇り~(夕方)雨となんだかさっぱりわからない梅雨空の1日でした。パソコン見るに、今日は伏見のお稲荷さん「田植祭」。これのみポツンとある!それ急げ!
# 伏見稲荷大社 祭
 
平安神宮の花菖蒲・其の一 : デジタルな鍛冶屋の写真歩記
日曜日、これと言って撮りたい物も浮かばなかったので、平安神宮の花菖蒲が見頃迎えてるみたいだったので行って来ました。予報ではパッとしないお天気だったんですが、朝から快晴の真夏日になってしまい、
# 平安神宮
 
二条城 さつきに彩られて 2 – Photo工房 「ゆうすげ」
さて昨日の続きで次は本丸庭園である。本丸は寛永三年(1626)に家光により増築されたものだが、天明8年(1788)の大火によって御殿や隅櫓や多聞櫓などは焼失した。庭園も延焼して永らく空地となっていた。
# 二条城
 
詩仙堂 : 京都写真(Kyoto Photo)
「美」の詩仙堂へ
一乗寺にある詩仙堂丈山寺。山門の向こうには美しい参道が訪れる者を出迎えてくれます。
# 詩仙堂
 
花菖蒲! ~勧修寺~ : THE PHOTO DIARY By CANON!
雨の中、山科の勧修寺へ。花菖蒲が見たくて訪れたのですが、今年は少し寂しい感じ。雨の中の花菖蒲は本当に美しい、しかし写真は撮りづらい悩みどころですね~。
# 勧修寺
 
花菖蒲 / 京都・勧修寺 | 京都花日記
時折小雨がぱらつく天気。先月はカキツバタや黄菖蒲が綺麗でしたが、今回は花菖蒲、睡蓮、紫陽花が見頃となっていました。
# 勧修寺
 
京都・洛北 さつき2014 ~圓光寺 6.7~: ねこづらどき
詩仙堂から圓光寺へとやってきました。ここでもさつきは見頃となっていましたよ。
# 圓光寺
 
初夏の京都府立植物園 | ClubFame
バラ園の見ごろが続く植物園、一昨日は「はなしょうぶ園」も見ごろとなりました。この彩りをご覧ください。梅雨のあじさいも、うずうずしてそうで、見ごろはまもなくです。そのほか気になる花々は、こちらでどうぞ!  『週刊みごろの植物情報』
# その他
 
しっとり濡れた青葉の庭園、宝厳院 – 京の散歩道 -
6/7(土)
先週までの季節はずれの暑さからすっかり梅雨の天気になりましたね、この日も昼前に激しい雨が降り、午後から雨はあがったものの、鈍より曇り空でした。でも今の季節はそんな日こそ美しい景色に出会えるものです。今回は天竜寺の塔頭寺院、宝厳院に出かけてきました。
# 宝厳院
 
大徳寺 龍源院 : 京都の旅・四季の写真集
区紫野にある臨済宗大本山の大徳寺の境内を歩きました、大徳寺は京都五山には入っていませんが五山に匹敵する有力本山です、利休とのつながりもあって茶の湯が盛んです、この日も各塔頭で茶会が開かれていました。
# 大徳寺
 
シクラメンのかおり 平安神宮の紅白スイレンと花菖蒲
6月6日(金)平安神宮の一般無料公開の日がありましたが、風邪気味で 家でおとなしくしていました。6月10日(火)600円でゆっくり花風景を楽しんできました。 紅大1
# 平安神宮
 
あぶり餅 | 茂だるまnote
昔風情溢れるお店
行きは、炙る煙と香りだけ楽しんで^^
# 食
 
まじくんママのぷち旅ぶろぐ: 美術館「えき」KYOTO「わたせせいぞうの世界展」見てきました。
先日、美術館「えき」KYOTOで開催中の「わたせせいぞうの世界展」を見てきました。美術館「えき」KYOTOは、JR京都伊勢丹7階に隣接されています。
# その他 イベント
 
可愛い女性の馬神人さんの疾駆ぶりは見事でした!…@縣神社大幣神事祭。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡
縣(あがた)神社は、1052(永承7)年に藤原頼通が父・道長の別荘を寺院(平等院)に改めた時、その西南に隣接して創建された鎮守社です。毎年、6月8日には大きな幣(ぬさ)で地域の悪疫を集めた後、その大幣(たいへい)を宇治川に流す神事がありますが、その時に見事な手綱さばきを披露した馬神人(うまじにん)さんは可愛い女性でした。
# その他 祭
 
しげ爺さんの京都つれづれ : 京都御苑 沙羅双樹(夏椿)
京都御苑内、迎賓館の西に位置する『染殿井(そめどのい)』の傍らに人知れず咲いていた。
祇園精舎の鐘の声  諸行無常の響きあり  沙羅双樹の花の色  盛者必衰の理をあらわす
# 京都御苑
 
貴船で流しそうめん | 京都いいとこブログ
京都の奥座敷・貴船の「ひろ文」さんに行ってきました。
貴船のひろ文といえば・・・「流しそうめん」!
# 貴船神社 食